信用金庫、信用組合のカードローンの審査は甘いですか、厳しいですか?

 

通常、信用金庫、信用組合のカードローンというのは低金利で利用することができるカードローンとなっております。

 

信用金庫は営利を目的としているのではなく、相互扶助を目的としてお金を貸し出しているという側面をもっていますので、金利も低いのです。

 

そのため、信用金庫・信用組合のカードローンを利用したいとお考えのシングルマザー、生活保護受給者、年金受給者の方もいらっしゃるかと思われます。

 

しかしながら、低金利で利用できる反面、その分審査は非常に厳しくなる傾向にありますので、注意が必要です。

 

そのため、シングルマザーや母子家庭、生活保護者や高齢者・障害者(障碍者・障がい者)など年金受給者の方で審査に自信が持てない方は他の金融機関へのお申し込みをオススメします。

 

消費者金融のカードローンは信用金庫と異なり、営利を目的として利用者にお金を貸し出しているのです。

 

相互扶助に対して営利目的なんていうと聞こえが悪いかもしれませんが、営利目的なのでサービス重視となっており、むしろメリットは多くなっております。

 

また、営利目的なため、返済してもらえそうな相手にでしたら幅広い方にキャッシング利用を認めているという面もあります。

 

つまり、信用金庫・信用組合のカードローンよりも消費者金融のカードローンの方が審査に通過できる幅が広く、利用しやすいといえるのです。

 

信用金庫のローン審査に自信が持てない方は、ぜひ消費者金融のカードローンのご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

シングルマザー、生活保護受給者、高齢者・障害者(障碍者・障がい者)といった年金受給者でも借りられるローンはありますか?

 

先ほども説明しましたように、シングルマザー、生活保護受給者、高齢者・障害者(障碍者・障がい者)といった方々も消費者金融の審査にでしたら通過する見込みがあります。

 

下記ではそれぞれの属性の方が気をつけるべき点について解説しますので、ぜひご参照ください。

 

 

シングルマザー、母子家庭の方々の場合

 

シングルマザーや母子家庭の方々の場合、パートやアルバイトで生計を立てているといった家庭も多いかと思われます。

 

アルバイトやパートだと審査の際に心もとないんじゃないかとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

消費者金融はアルバイトやパートといった仕事でも、収入の安定性が取れていれば返済能力があると判断します。

 

そのため、アルバイトやパートといった仕事の収入でも安定性が取れていれば審査に通過する可能性は十分あるのです。

 

安定性に自信が無ければシフトを増やすなどすればよろしいので、安定させてから申し込むことを検討してみましょう。

 

 

生活保護受給者、年金受給者の場合

 

生活保護や年金を受給している方の場合、生活保護や年金の収入だけでは審査に通過できません。

 

生活保護や年金として得ているお金はキャッシングの返済金として充てるのは好ましくないと考えられているためです。

 

ですが、副業としてアルバイトなどを始め、副収入を安定させれば審査に通過する可能性が見込めます。

 

以上のように、生活保護受給者、年金受給者の方々もアルバイトなどをすれば審査通過の可能性が生じますので、ぜひお申し込みを検討してみてください。