プロミスは年末年始(大晦日・元旦・正月)の営業時間について解説します!ATM、自動契約機は利用可能ですか?審査・在籍確認はどうなりますか?

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスはインターネット受付を24時間受け付けており、土日・祝日でも申し込み可能です。

 

ただ、今の季節(12月末)となれば年末年始ですので、多くのキャッシング会社は休業したりしてしまいます。

 

果たして、SMBCコンシューマーファイナンスは年末年始(大晦日・元旦・正月)はどのような営業時間となっているのでしょうか。

 

年末年始というと、お祝いの飲食物やお年玉の費用、旅行の費用などお金が多くかかってくる時期です。

 

プロミスの年末年始の営業時間を知っておけばお金を準備しやすくなりますので、ぜひご参考にしてください。

 

SIMガール

 

まず、インターネット申し込みは24時間365日体制で受け付けております。

 

そのため、新規申し込みをすることは年末年始(大晦日・元旦・正月)を問わずいつでも申し込みが可能となっているのです。

 

しかしながら、12月31日の18時から正月・元旦にかけての申込み分に関しては1月2日から手続きが開始となります。

 

つまり、12月31日の大晦日まででしたらインターネット申し込みをすれば即日キャッシングも可能ですが、1月1日の元旦・正月は即日キャッシングが不可です。

 

これはプロミスに限ったことではなく、元旦・正月はほとんどの会社が営業を停止しております。

 

また、普通は大晦日も営業を停止している会社が多いなか、プロミスでしたら大晦日でも申し込みが可能です。

 

次にプロミスのATM・自動契約機ですが、1月1日、つまり元旦・正月は営業しておりません。

 

ATMは12月31日の7時〜24時まで、自動契約機は12月31日の9時〜18時までの営業となっております。

 

つまり、元旦・正月以外でしたら年末年始も営業しておりますので、新規申し込みをしやすくなっているのです。

 

プロミスでしたら大晦日も早めに申し込めば即日キャッシングに対応してくれるということになるでしょう。

 

以上をまとめますと、年末年始(大晦日・元旦・正月)に即日キャッシングを利用するなら下記のスケジュールで申し込むことになります。

 

 

12月31日にインターネット申し込みをする→審査に通過する→12月31日に自動契約機でカード発行する→ATMを利用してお金を借りる。

 

 

年末年始(大晦日・元旦・正月)に即日キャッシングをするためには、12月31日までの申し込みが必要となるのです。

 

当記事を投稿しているのが12月28日ですので、まだ時間があります、ぜひ早めにプロミスに申し込むことを検討してください。

 

なお、プロミスは自動契約機でカード発行をしなくてもカードレスでキャッシングができるようになりました。※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。

 

そのため、大晦日までにカード発行をする必要はなくなったのですが、振込キャッシングサービスについても元旦は行っていないようです。

 

24時間、休日も三井住友銀行・ジャパンネット銀行に振込キャッシングができる便利な振込キャッシングサービス『瞬フリ』も元旦はご利用いただけません。

 

便利な振込キャッシングサービスも大晦日である12月31日までに申し込み手続きを完了させておく必要がありますので、プロミスの利用を考えている方はお急ぎください。

 

SIMガール