アイフル審査基準は甘い?ゆるい?厳しい?落ちる人の特徴

一刻も早くお金を借りたいと思った時に、ネックとなるのが「審査」です。審査に落ちて違う消費者金融に再度申し込みをしたり、再度どこに申し込むか考えるのは時間ロスが大きいですよね。
そこで誰もが「審査が緩い・甘いところに申込をして、確実に融資を受けたい」と思うでしょう。
比較的審査に通りやすいとインターネット上で噂になっている、アイフルの実態を徹底調査してみました。果たして噂は本当なのでしょうか?

 

アイフルの審査に関する噂や口コミってどんなもの?

インターネットの口コミサイトなどをチェックすると、多くの人の口コミを見ることができる時代になりました。アイフルの審査に関する口コミを見ると、比較的好意的な意見が多く並んでいます。

 

他銀行や消費者金融に申し込んで審査に落ちたという方でも、アイフルなら融資をしてくれたという意見が非常に多いのです。
ダメ元で申し込みをしたが、希望額以上の枠を貰えたという意見もありました。
勤続年数がまだ浅かったため、審査に通るか心配だったという方も無事に審査を通過することができたという口コミも多数見かけることができます。

 

金融機関の噂や口コミをまとめているインターネットサイトなどを見る限りでは、アイフルの審査は比較的緩く、通りやすいという印象をうけます。
実際に利用した人が書きこんでいる情報であることから、信憑性は高いと考えることができます。

 

実際のところ、噂は本当なの?

最も知りたいのは、この噂が本当なのかどうかという点ですよね。
実際のところ、アイフルが「自社は審査が緩いです」「誰でも借りられます」と公言しているわけではありません。
実際にアイフルで行っている審査の基準や、審査通過と審査落ちのボーダーラインについては、企業秘密となっているため公には開示されておりません。

 

公式ホームぺージを隅から隅まで確認したり、アイフルのコールセンターに問い合わせを行いましたが、審査の基準や通過しやすさについては教えてくれませんでした。
また、審査の基準も公にはしていませんとの答えが帰ってきました。
そんなアイフル側から帰ってくるアドバイスとしては、公式ホームぺージの1秒診断を参考にしてくださいというものでした。

 

1秒診断とは年齢・雇用体系・年収・他社借入額を入力するだけで、アイフルでの融資が可能かどうかを簡易的に診断してくれるというもので、公式ホームぺージに用意されています。
この結果がすべてではありませんが、簡易的な診断として事前に確認することができる嬉しいサービスです。

 

金融機関では、任意ではありますが審査の通過率(無担保新規成約率)というものを公表している企業があります。
アイフルの公式ホームぺージでは、審査通過率は2018年1月は45.8%・2018年2月は45.9%と掲載されています。
つまり、申し込みをした人の約半分が審査を通過することが出来ているということです。この数値は、低いように見えて他の金融機関カードローンと比較すると非常に高い数値なのです。

 

ここからは、考察になります。
大手消費者金融は、銀行の傘下に入りグループ化することで経営を安定させている企業がほとんどです。
アイフルは、傘下に入ることはせず独立した経営を続けているのです。
経営を統合することで、企業としては資金の充実や経営の安定化など多くのメリットを得ることができます。
しかし、一方で貸付や新規サービスに関する制約が多くなるというデメリットもあるのです。
アイフルは制約がない分、貸付に関する条件も独自の対応をすることができると考えることができます。

 

銀行の傘下に入っていないとはいえ、アイフルは顧客数等からみても業績は好調で経営状況は安定していると言えるでしょう。
人気の芸人や芸能人をイメージキャラクターに設定したり、多くの民間マラソン大会やスポーツ大会の協賛として資金提供を行っています。
イメージアップ効果もあり業績は伸びてきており、そのため積極的に新規顧客への貸付を行っていると分析することができます。

 

これらのことからアイフルの審査は、他の消費者金融と比べて特別難易度が高く厳しいものであると身構える必要はないと言って良いでしょう。
アイフルの中の貸し出し基準というものをクリアしている方であれば、審査を通過することができます。

 

審査落ちを防ぐ為にできることとは


アイフルは、安定した収入があり満20歳以上の方であれば、誰でも申し込みをすることができます。
雇用体系も、パートやアルバイト・契約社員でもOKです。
大切なのは、本人名義で安定した収入があること・他社の借り入れが年収の3分の1を越えていないことです。

 

審査を無事に通過して融資を受けるためには、以下のことに注意しましょう。

 

・確実に借りたいからといって同時に何社も申し込みをしない
・今現在、多数の借り入れがある場合はできるだけ返済を済ませてから申し込みをする
・申し込み時に虚偽の記載を絶対にしない
・申し込みフォーマットを入力する際に、誤字・脱字のないようにする
・提出書類の不備がないように確認は必須
・他に借り入れがある場合は、延滞や債務整理など事故のないようにする

 

以上のことは、アイフルだけでなく金融機関でローンやクレジットカードの申し込みをする時などにも有効な対策方法です。
急いでいるというときであっても、確認は怠らず行うようにしましょう。
この注意事項をきちんと行えない人は、審査に落ちやすいと言えるのです。

 

まとめ

インターネット上では、審査に関する噂はいくつも出回っています。
しかし、アイフルに限らず審査のある金融機関で、審査の基準を公にしているところはありません。
そのため審査が甘いか厳しいかについて、一概に断言することは難しいのです。
とはいえ審査落ちにならないためのポイントを抑えてさえいれば、アイフルの審査落ちを極端に心配する必要はないと言えるでしょう。

 

アイフル在籍確認のトップページへ戻る